飲食店の開業をする人に役立つ情報サイト

>

物件探し中の人必見!飲食店の開業に際して気をつけることとは?

どのようなお店にするか

飲食店を始める「きっかけ」は人それぞれです。
他店での修行を積んでから、独立する方法もありますよね。
また、早期退職などによって、他業種から転職する人も少なくないでしょう。

このように、お店を開くまでの経緯は個々にもよります。
また、経営ノウハウに詳しい人、料理の腕に自信がある人など、自分の得意分野も異なりますよね。

飲食店の開業に際して大事なことは、どのようなお店にするか決めることです。
喫茶店、ファミリーレストラン、居酒屋など、いろいろな種類があります。
昼間は喫茶店、夜は居酒屋として営業することも選択肢のひとつです。

このように、やりたいお店が決まってくると、具体的な経営方法が見えてきます。
家族だけで営業するのか、従業員を雇うのかも考えることが大切です。
特に、営業時間が長時間に及ぶのなら、ある程度の人数が要るのではないでしょうか。

顧客の絞り込みも大事

飲食店を営業するためには、顧客の絞り込みも大事です。
これは、飲食店だけに限らず、どの業界にもいえることですよね。
お店を軌道に乗せるためには、ターゲットとなる顧客を具体的に決めていきましょう。

飲食店のなかには、ネット通販を手掛けているところも少なくありません。
これからの時代を生きるためには、そのような営業スタイルも不可欠です。
しかし、営業する店舗にどれだけの人が訪れるが大切なポイントです。
そのためには、飲食店の種類と顧客層とは密接な関係がでてきます。

たとえば、ファミリーレストランなら家族連れの顧客が対象、居酒屋を営業するならサラリーマンを対象にすることが多いのではないでしょうか。
このように、飲食店の開業に際しては、ひとつずつ形にしていきましょう。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る