飲食店の開業をする人に役立つ情報サイト

>

立地条件を決める

お店のまわりの環境は

飲食店を営業するためには、どのような種類のお店にするのかはもちろんのこと、対象となる顧客層の絞り込むことも大事なことがわかりました。
やりたいお店が決まったら、お客様の視線で考えてみることも大切です。

顧客数を伸ばすためには、繁華街や駅近物件などが思い浮かびます。
しかし、駅から近いだけでなく、電車やバスの乗降者数を把握することも大切ですよね。
オフィス街や住宅街など、まわりの環境を見逃すこともできません。

これらの条件は、営業する飲食店の種類や顧客層とも関係があります。
たとえば、オフィス街で営業するのなら、会社員の来店が期待されます。
駐車場付き物件を探すときは、駐車場の広さなども考えたいですね。

また、料理のニオイ対策や営業時間なども大きな課題です。
それらによって、近隣に迷惑が掛からない場所を探すことも大事ではないでしょうか。

自宅からの距離も大事

飲食店を営業するためには、自宅からの距離も大事な条件です。
通勤の負担を減らす方法として、自宅兼店舗で営業することも選択肢のひとつ。

しかし、理想的な物件が見つからないかもしれません。
また、仕事場所とプライベート空間とを分けたい人もいるでしょう。

気になるのは、お店までの距離や移動方法です。
飲食店での仕事は体力的にもかなりキツイものがあります。
毎日の往復を考えると、なるべく短時間で行き来できる場所を目安にしたいですね。

なお、自宅近くなど地元で営業することで、地域との信頼関係を築くことに役立ちます。
友人からの口コミによる顧客開拓も期待できるのではないでしょうか。
そのためには、町内会への参加やなどに積極的に取り組むことが大切です。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る