飲食店の開業をする人に役立つ情報サイト

>

費用面も大事

初期費用を把握する

賃貸住宅に住んだ経験のある人は、入居時にまとまったお金が要ることが理解できるのではないでしょうか。
敷金・礼金はもちろん、不動産業者への仲介手数料が掛かります。
前家賃の支払いも見逃せません。

なかでも、敷金の金額には注意が必要です。
マンションなどの敷金は家賃の2~3カ月程度が目安ですが、飲食店の敷金は10カ月くらい掛かるともいわれています。
なお、敷金と類似の名目に保証金があり、法的観点により性質は異なりますが、同じようなものだと捉えてよいでしょう。

ほかにも、店舗の内装をはじめ、キッチン設備、看板施工費など、いろいろな費用が掛かってきます。
ちなみに、20坪のお店を開業するには1,000万円の費用が必要ともいわれますので、参考にしてはいかがでしょうか。

月々の家賃なども見逃せない

飲食店を営業するためには、月々に掛かる費用を把握することも必要です。
これは、飲食店などの店舗だけでなく、企業や一般家庭にも通じる話ですよね。
水道光熱費や通信費、消耗品費など、いろいろな費用が掛かってきます。
ホームページの管理費やチラシや広告など、販売促進関係の費用も無視できません。

そのなかでも見逃せないのは月々の家賃です。
いろいろな費用があるなかでも、家賃は毎月決まった額を払っていく必要があります。
また、その場所で営業を続けるためには、絶対に削ることができない費用ではないでしょうか。

家賃を抑えるためには、駅近など、便利な場所にある物件を避ける方法があります。
やはり、立地条件のよい場所は家賃も高いことが多いからです。
一方、人通りが少ない場所を選ぶと集客できるかどうかが心配になります。
このような理由から、物件探しは慎重にする必要性がでてきますね。


この記事をシェアする

▲ TOPへ戻る